ホーム > フェレット相談一覧 > 質問 7

NEWS:フェレットといっしょ。

  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル
7)どんな色がいいですか?
これは飼い主の趣味で決めてよいと思います。色には一般的にマーシャル社(アメリカのフェレットのブリーダー会社)の呼び名が使われます。
セーブルと呼ばれているものは、もっとも一般的な色で、全体に茶色で、鼻のあたりがベージュ色、また目の回りが茶色にベージュの縁取りがあるのが特徴です。
バタースコッチとよばれるものは、セーブルより色がクリーム色がかっています。特に顔から背中にかけてクリーム色がかっていて、手足や尻尾は茶色です。
シルバーミットとよばれるものは毛の色が全体的にグレーです。また手足の先が白く、それが名前の由来になっています。
アルビノと呼ばれるものは、色素が抜けた個体で、毛は全体に白色で、目が赤色になります。
ホワイトファー・ブラックアイと呼ばれるものは、目の色が黒いアルビノ種で、以前は個体数も少なく、値段も100万円前後していました。現在でも、この種類は通常のカラーより値段は高いみたいです。
また、最近アンゴラフェレットと呼ばれる、長毛種が出回っています。
まだ入荷数が少ないので、値段は通常の3倍くらいしますが、ふわふわした毛並みが人気を呼んでいます。
このようにいろんな色がありますが、ようは飼い主の趣味でよいと思います。
色によって性格も違うようですが、それよりも個体差による性格の違いの方が大きいです。