ホーム > フェレットの種類

NEWS:フェレットといっしょ。

  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル

フェレットの種類

種類の名前もまたかわいい。

フェレットは毛色からいろいろな種類に分けられ、それぞれに名称がつけられています。同じ種類のフェレットをさす場合でも、地域によって呼び方が違う場合もあるようです。

種類とファーム(生まれた所)により、様々な個性を持つフェレットが私たちの前に存在するわけです。では一つずつフェレットの品種の紹介をしていきます。

◆セーブル

ペットショップで一番多く見られるのが「セーブル」という品種です。毛は黒~茶色とクリーム色で、お鼻は茶色や斑点模様が一般的です。同じセーブルでも、毛の濃さによってライトセーブルブラックセーブルと分けて呼ばれます。最初の一匹目はおそらくセーブルを飼う方が多いのではないでしょうか。フェレット界でもっともポピュラーな品種です。

◆バタースコッチ

セーブルをもうちょっと暖色系の穏やかにした色が「バタースコッチ」という品種です。イギリスの伝統的なキャンディー”バタースコッチキャンディー”のような柔らかな茶色が特徴で、お鼻はピンクが一般的です。体がもう少し明るくなると、「シャンパン」や、「シナモン」という名称で呼ばれる種類もあります。バタースコッチもセーブルについて人気がある品種です。

◆アルビノ

前身白からクリーム色の、なんだか高貴な感じがする品種が「アルビノ」です。特徴的なのは赤い目。初めて写真で見た時はなんだかねずみみたいでどうかなー、と思う方もいるかもしれませんが、実際見てみると白クマみたいでとってもかわいい!色の濃いセーブルを見慣れた人には魅力的に見える品種でもあるでしょう。

◆シルバーミット

「シルバー」は白と黒の毛の混ざり具合でシルバーに見えるという事でこの様に呼ばれるようになった品種です。この品種も模様によって分類されるのですが、一番有名なのはシルバーミットという種類でしょう。ミットとは手足の部分が白いということです。要するにミットを着けてるように見えるって事でしょうね。シルバー系の品種は、クールなイメージでとってもかっこいいです。