ホーム > フェレットの歴史

NEWS:フェレットといっしょ。

  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル
  • 08/02/05サイトリニューアル

フェレットの歴史

フェレット3000年の歴史。

フェレットは野生のヨーロッパケナガイタチ(Mustela putorius)を改良したものとされているが、詳細は不明であり、3000年ほど前から飼育されていたと考えられている。学名 M. p. furo は、ヨーロッパケナガイタチの亜種の扱いである。

その昔、ヨーロッパにおいて、フェレットは狩りに重宝されていた。フェレットがウサギや齧歯類などの獲物を巣穴から追い出し、それを猟師が狩るという方法で、今でもイギリスやオーストラリアでは続いている。 また、ネコと同様、ネズミ退治にも利用された。

電気が普及すると、フェレットに電線やケーブルに繋いだ紐を繋ぎ、狭いところの配線を手伝わせていた。

フェレットの歴史 フェレットの歴史

現在は、アメリカ・カナダ・ニュージーランド等に、ペット等としてのフェレットを繁殖させる大きなファームがあり、ファームごとに「マーシャル」「パスバレー」「カナディアン」「ミスティック」等の種類に分かれる。種類により体格・性格・毛色等に違いがあり、それぞれの種類にファンがついている。

また、実験動物としても、フェレットは世界中で広く飼育されている。